ABOUT


太田研究室での研究・実践は、 ①Architecture:建築の拡張(設計×思考実験)、 ②Urbanism:都市を育む(研究×まちづくり実践)、 ③Design Science:デザインのアップデート(研究×開発)という3領域を包括します。人間―環境系のダイナミズムを育む実践的な建築・都市計画の研究と、設計・デザインを科学する提案型研究をテーマに、理論と実践、研究と設計を横断した活動に取り組みます。

At Hiroto Ota Laboratory, our research areas span Architectural Planning/Design, Urban Planning/Design, and Design studies, and we engage in activities that cross the boundaries between theory and practice, research and design.

主な研究テーマ/Research Topics

”育てる”建築・都市デザイン / ” Cultivate” Architecture and Urban design
自分で場所を選び、そこに潜む力、価値を捉え、顕在化させる建築と都市・地域空間の提案を目指します。特に「卒業研究」としての「育てる建築・都市デザイン」はその場所のポテンシャルから設計すると同時に、「設計提案表現」を通してその地域・空間・場所を評価することと考えます。

人間ー環境系の連関によるコミュニティアプローチ / Understanding the dynamic human-environment system and Community based approach
多様な都市・地域の生態系、ダイナミズムに介入し、柔軟に振る舞える実践知を鍛える機会として研究活動を位置付け、現場に還す成果制作に取り組みます。

デザイン方法論・理論研究・手法開発 / Design methodologies and Development of methods
デザインコミュニケーションの質・再現性を高めることを目指し、暗黙知になりやすいデザインプロセスの提案型研究を行います。

Activities

1)4年生ゼミ:
卒業研究ゼミは1年を通して、毎週月曜日に実習棟研究室orスタジオで実施。一人一人個別テーマを持ち、毎週進捗の報告・共有、グループディスカッションを行う。また研究室プロジェクトやその他活動についてのミーティングも行う。

2)3〜1年生プロジェクト授業:
毎週火曜日はプロジェクト「あわいDEカタチ」は実習棟or製図室で実施。前期は2・3年生で個人ワーク、グループワークに取り組み、学外出展や展覧会等のアウトプットを目指す。後期は1年生も加わりデザインワークを行う。

「あわい(あはひ)」とは「向かい合った二つのもののあいだの空間、間隔や相互の関係」を表す大和言葉である。太田研究室では、建築とはあわいのカタチであると考え、建築概念の拡張を目指し、制作活動、建築的ビジュアライゼーション、実地域への介入実践を目指す。/Based on the concept of “Awai” (an original Japanese word meaning “between” or “relationship”), we will redefine our surrounding environment and engage in architectural practices for the community.

3)3年生プレゼミ:
プレゼミは後期火曜日に実施。卒業研究の事前学習のような位置づけとしてグループワークを行う。

4)プロジェクトその他:
上記授業の「あわいDEカタチ」とは別に、研究室では様々な実施プロジェクトが進行中。メンバーの興味や忙しさ等に応じて任意参加で行う。

5)学外活動:
不定期で国内建築見学や各研究フィールドワーク等を実施。また夏季にゼミ旅行や学会参加を予定。

6)コンペ部:
2021年度より「コンペ部」発足。任意参加で、学外コンペティションにも積極的に参加する。